PDFファイルを見るにはアクロバットリーダーが必要です。上のアイコンをクリックしてインストールしてください。

小冊子職場の安全シリーズ

高年齢労働者の安全対策 誰もが働きやすい職場に向けて

高年齢労働者の安全対策 誰もが働きやすい職場に向けて

我が国では少子高齢化による労働力人口の減少により、経験豊富な高年齢者の活躍が期待されていますが、高年齢職員は、加齢に伴う身体機能の低下により災害発生率が若年の労働者に比べて高く、被災した場合にその程度が重くなる傾向があります。

高年齢職員の災害を未然に防止するためには、高年齢職員だけでなく、ともに働くすべての職員が加齢による心身の変化について理解し、協力してその特性に応じた対策をすることが重要です。本書では近年の高年齢労働者の安全対策の動向や事例などを豊富なイラストとともに紹介しています。再任用時の教育・研修などでご活用いただけるのはもちろんのこと、すべての職員の災害防止に役立つ内容となっております。

監修 岩崎 明夫 産業医科大学 産業生態科学研究所 作業関連疾患予防学研究室 非常勤助教/同ストレス関連疾患予防センター特命講師

有償頒布のお申し込みはこちら

公務災害を防ぐ!ヒューマンエラー対策

公務災害を防ぐ!ヒューマンエラー対策

地方公共団体にはさまざまな職場があり、すべての職場においてヒューマンエラーが重大災害の原因となる可能性があります。しかし、「不安全状態」や「不安全行動」などの事故の原因となる要素は、災害にならないと見過ごされてしまいがちです。災害を未然に防止するためには、職員一人ひとりがヒューマンエラーの特性について理解し、その特性に応じた対策をすることで、ミスやエラーの出現を減らし、ヒューマンエラーを事故に結びつけないことが重要です。
本書では、ヒューマンエラーの基礎知識から具体的な発生防止対策まで掲載しており、安全衛生担当者だけでなくすべての職員の方に幅広くご活用いただける内容となっております。

監修:早稲田大学理工学術院 創造理工学部 経営システム工学科 教授
小松原 明哲

有償頒布のお申し込みはこちら

 

防ごう!熱中症 正しい知識で効果的な予防対策を

防ごう!熱中症 正しい知識で効果的な予防対策を

熱中症は特有の症状が乏しく早期発見が困難な上、発症すると短時間で重症化することもありますが、正しい知識を持ち、しっかりと対策を講じることで確実に予防できます。
本書では、まず発生のメカニズムなどから熱中症について解説し、次に予防対策の基本的な考え方や、様々な職場の特性を踏まえた具体的な予防対策を紹介しています。
さらに、熱中症が発生した際の対応の流れやその具体的な方法も掲載しているため、熱中症対策にすぐに役立てられる内容となっています。

監修:産業医科大学産業保健管理学研究室教授
堀江 正知

有償頒布のお申し込みはこちら

 

ヒヤリ・ハット事例の活かし方 実践のてびき

ヒヤリ・ハット事例の活かし方 実践のてびき

ヒヤリ・ハットは、リスクを除去・低減し、事故を未然に防止するため、欠かせない情報です。そのため、ヒヤリ・ハット報告活動は地方公共団体においても早くから取り組まれています。しかしその一方で、「報告が集まらない」、「報告された事例の活用方法が分からない」といった声も多く聞かれます。
本書は、平成14年に発行された「ヒヤリ・ハット事例の活かし方」の改訂版として、ヒヤリ・ハット報告活動の仕組みづくりから具体的な活動の手順、他の安全衛生活動におけるヒヤリ・ハット事例の活用方法までを解説しており、安全衛生担当者や管理監督者がすぐに役立てられる内容となっています。

監修:早稲田大学理工学術院創造理工学部経営システム工学科教授
小松原 明哲

有償頒布のお申し込みはこちら

 

すぐに役立つ消防職員の安全衛生活動

すぐに役立つ消防職員の安全衛生活動

消防職員はその職務の特性上、活動には常に危険が伴います。また、凄惨な災害現場での体験により精神的ショックやストレスを受け、身体や心に不調をきたすおそれもあります。
本書では、このような厳しい状況下で活動する消防職員の皆さんが、心身ともに健康を保ち、適切に職務を遂行できるよう、安全管理の基本や取り組み方、健康管理・メンタルヘルス対策等についてわかりやすく解説しています。管理監督者や安全衛生担当者をはじめ、広く一般の消防職員にも役立つ内容となっています。

監修:新潟大学危機管理本部危機管理室/災害復興科学研究所教授
田村 圭子

有償頒布のお申し込みはこちら

 

屋外作業安全ガイドブック~安全衛生管理のポイント~

屋外作業安全ガイドブック~安全衛生管理のポイント~

屋外での作業には、気象条件や危険・有害な生物との接触など、屋内とは異なる危険が存在します。また、脚立や移動はしごの不適切な使用などにより、墜落・転落事故も多く発生しています。こうした災害を防ぐには、屋外作業に潜む危険を正しく認識し、職場全体で安全対策を講じる必要があります。
本書では、それぞれの災害ごとに、原因や予防対策、万一災害が発生した場合の対処方法などをわかりやすく解説しています。屋外作業に携わる職員の安全意識の再確認や意識の向上に役立つ内容となっています。

監修:東京大学 環境安全研究センター 准教授、医学博士
刈間 理介

有償頒布のお申し込みはこちら

 

1からわかる 身近な安全衛生活動

1からわかる 身近な安全衛生活動

日常生活に様々なルールがあるように、安全衛生活動にもルールがあります。
本書は、初めて安全衛生活動に取り組む方にも容易に理解できるよう、何が危険なのか、職場の安全を確保するためには何をすればよいのか、 安全衛生活動を組織として推進していくためにはどのようにすればよいのかなど、過去に発生した災害の実例やイラストなどを交えてわかりやすく解説しています。
安全衛生担当者のみならず、職員一人ひとりの安全意識の向上にも役立つ内容となっています。

監修 : 公益財団法人労働科学研究所常務理事・所長、研究主幹
酒井 一博

有償頒布のお申し込みはこちら

 

みんなで防ごう!交通災害 ~安全運転管理と現場での取り組み~

みんなで防ごう!交通災害 ~安全運転管理と現場での取り組み~

地方公務員の公務災害発生件数は減少傾向にある中で、通勤途上の災害発生件数はここ数年増加傾向にあります。また、わが国の交通事故発生件数等は依然として高い水準で推移しており、事故そのものを減少させることが求められています。
本書は、地方公共団体が『組織』として、どのように交通災害防止に取り組んだらよいか分かりやすく説明しています。また頻出事故の原因と対策について説明し、職員一人ひとりの交通安全意識の向上にも役立つ内容です。

監修指導: 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 自動車リスク事業部主席研究員
慶應義塾大学大学院非常勤講師 北村 憲康

有償頒布のお申し込みはこちら

すぐに役立つ 教育職員の安全衛生活動

すぐに役立つ 教育職員の安全衛生活動

地方公務員の中では教育職員の公務災害が最も多く発生し、発生率においても増加傾向が続いています。また、教育職員の過重労働やメンタルヘルスの問題も深刻化しています。
本書は、そうした問題を抱える教育職員が安全衛生活動を進めていく上で必要となる知識や実際の取り組み方についてわかりやすく説明しています。安全衛生担当者や管理監督者だけでなく、一般の教育職員にも役立つ内容です。

監修: 公益財団法人 労働科学研究所
常務理事・所長、研究主幹  酒井 一博

墜落 転落 転倒 災害ゼロに向けて

墜落 転落 転倒 災害ゼロに向けて

墜落・転落・転倒は私たちが思っている以上に身近にあります。実際、公務災害の中でも墜落・転落・転倒災害は多く発生しています。本書は、場面ごとに多くの事例を取り上げ、対策のポイントをまとめています。
監修:中央労働災害防止協会 安全管理士 中野 洋一

ペn ージのトップに戻る