PDFファイルを見るにはアクロバットリーダーが必要です。上のアイコンをクリックしてインストールしてください。

職域担当看護職研究会

職域担当看護職研究会は、職員の健康管理を担当している保健師及び看護師等を対象に、職務上の課題解決のため、情報交流と意見交換を行う研究会で、関東、関西でそれぞれ年2回(前期・後期)開催しています。
職域担当看護職研究会 開催状況はこちら

研究会の内容は次のとおりです。

講演 研究会のテーマに合わせて、その分野で活躍される専門家を講師に迎えています。
事例発表 先進的な取り組みを行っている団体に事例発表をしてもらいます。
グループ討議 参加者の団体が抱えている課題の解決のため、情報交換や意見交換を行います。参加者同士が「横のつながり」をもつ貴重な機会となっています。

 
令和2年6月1日更新
令和2年度前期研究会の中止について

新型コロナウイルス感染症の影響により例年と同様に開催準備を進めることが困難なことから、
令和2年度前期においては、研究会を開催しないことを決定いたしました。
参加を予定されていた皆様には多大なご迷惑をお掛けいたしますが、感染拡大を防ぐためにも
ご理解を頂きたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

後期の開催については今後の状況を注視しつつ、開催に向けて準備を進めてまいります。

お問い合わせは、企画課(担当:古俣)まで

 

 

ペn ージのトップに戻る