PDFファイルを見るにはアクロバットリーダーが必要です。上のアイコンをクリックしてインストールしてください。

小冊子職場の健康づくりシリーズ

パワーハラスメントのない職場をめざして

パワーハラスメントのない職場をめざして

職場における「いじめ・嫌がらせ」「パワーハラスメント」は防止するとともに、なくしていかなければなりません。これを受けた職員だけでなく、周囲の職員、これを行った職員、公務職場全体ににも大きな損失をもたらします。
本書は、パワーハラスメントを正しく理解し、職員及び組織が予防・解決に向けて一丸となって取り組めるよう、判 例・処分事例等の紹介のほか、予防・解決に向けての組織マネジメント、管理監督者に求められる対策、職員一人ひとりにできることをわかりやすく説明しています。管理監督者等だけでなく一般職員の 皆様にも役立つ内容となっています。

監修:東京大学大学院情報学環 教授 佐藤  博樹

有償頒布のお申し込みはこちら

今こそ知ろう!メタボリックシンドローム

今こそ知ろう!メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは、心臓病や脳卒中の発症率を32倍に高め、糖尿病など他の生活習慣病にも影響を与えます。また、メタボの人の医療費は、そうでない人より年間8万~18万円高いことも分かってきました。
本書は、メタボが身体にとっていかに深刻な問題であり、いかに危険かを再認識して生活習慣の改善を図り、特定健康診査・特定保健指導を活用して、生活習慣病の予防と早期発見、発症の重篤化の予防に繋がることをわかりやすく説明しています。職員及び安全衛生担当者等にも役立つ内容となっています。

監修:東京医科歯科大学大学院
教授 奈良 信雄

有償頒布のお申し込みはこちら

管理監督者のための傾聴法 ~職場のメンタルヘルス対策のために~

管理監督者のための傾聴法 ~職場のメンタルヘルス対策のために~

職場で職員のこころの健康をどう守るのか、その大きなカギを握っているのが管理監督者である職場の上司です。職場の雰囲気作りや部下の異常の早期発見などには、日ごろから直接部下と接している管理監督者の役割が非常に重要です。本書では、話の聴き方の手法である「傾聴」を中心に、管理監督者の役割、いつもと違う部下への気づき、話を聴いたあとのフォローなどを紹介しています。
監修:独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
認知行動療法センター センター長
大野 裕

災害時の心の健康法-セルフケアと組織対策-

災害時の心の健康法-セルフケアと組織対策-

災害時に心の健康を守るためには、災害によるストレス(惨事ストレス)を理解してストレス対処法を身につけ、組織としても対策を講じておくことが重要です。本書では、地方公務員が受けるストレスを詳しく説明するとともに、ストレス軽減のためのセルフケアの方法や組織の取り組み方を紹介しています。
監修:筑波大学大学院人間総合科学研究科教授
松井 豊
監修協力:東京労働衛生研究会メンタルヘルス・システムズ代表
メンタル・クリニック梅垣医院院長
梅垣 和彦

飲酒と健康管理

飲酒と健康管理

飲酒が身体や行動に及ぼす影響や飲酒による疾病の防止、正しいお酒の飲み方等についてわかりやすく紹介するとともに、依存症の対処や飲酒運転をはじめとした飲酒に伴う犯罪等について詳しく解説しています。
監修:国立病院機構久里浜アルコール症センター
名誉病院長
清輝会国府津病院院長
医学博士  白倉 克之

職場のハラスメント対策

職場のハラスメント対策

ハラスメントとは、いじめやいやがらせのことです。この冊子は、職場で起こるハラスメントについて、パワハラとセクハラを中心に事例・判例等を交えてわかりやすく説明しています。対策の重要な役割を担う管理監督者の対応についても詳しく説明しています。職場のハラスメント対策にお薦めの一冊です。
監修:臨床心理士、社会保険労務士  涌井 美和子

職場が変わる!快適コミュニケーション

職場が変わる!快適コミュニケーション

コミュニケーションの基本であるあいさつから、傾聴法やアサーション、自動思考(認知)の考え方まで、コミュニケーションの取り方をわかりやすく説明しています。職場の人間関係に悩んでいる人は、もう一度コミュニケーションの取り方について、振り返ってみませんか。
監修:慶應義塾大学教授 保健管理センター
医学博士  大野 裕

元気を応援!新入職員のための 健康づくりハンドブック

元気を応援!新入職員のための 健康づくりハンドブック

新規採用職員を対象として、心身の健康管理を中心に、公務員としての心得や仕事の進め方のコツ、日常生活の留意点、定期健康診断などを解説しています。特に、メンタルヘルスやメタボリックシンドロームの予防について、ていねいに説明しています。朝起きてから寝るまでの一日のサイクルに合わせた構成で、わかりやすく親しみのもてる内容です。
監修:東京慈恵会医科大学健康医学センター長
和田 高士

健康診断の見方・活かし方

健康診断の見方・活かし方

本書は、健康診断の検査項目別に、基礎知識、関連する病気、予防対策等を説明しています。食事・運動・生活面でのアドバイスを参考に、生活習慣の改善に努めましょう。
監修:東京医科歯科大学大学院教授  奈良 信雄

新任安全衛生担当者のための「なるほどガイド」

新任安全衛生担当者のための「なるほどガイド」

初めて職場の安全衛生担当者となった職員向けに、安全衛生活動を進める上で知っておくべき事項を「基本事項」「安全衛生活動」「健康管理」に分けてわかりやすくまとめたガイドブックです。
監修:安全衛生のバトン研究会代表  菊池 昭

ペn ージのトップに戻る